廃車部品について記事一覧

 

廃車をする車の中には、etcがついているものもあるでしょう。etcがついている車は、廃車では必ず取り外さなければいけません。これは、廃車のときの注意点でもありますので、忘れないように取り外しましょう。廃車時には、すべて壊すのではなく、使えるパーツは残されます。廃車買取なんかは、このように使えるパーツがあると、どんなにボロボロの事故車でも、高く買い取ってもらえる場合があります。それでも、etcの取り...

 
 

廃車エンジンを洗車する方法があるのは知っていますか?廃車エンジンは、分解からスタートします。その後、細かく分解していくのですが、この時にスチーム洗浄機を使って表面についた化学薬品液を流していきます。簡単な説明ではありますが、この方法でエンジンを洗浄していきます。洗浄されたエンジンは、梅雨以外では10日間も長持ちすると言われています。そして、新品に部品として、新しく使用されます。廃車をすると、すべて...

 
 

車には、リサイクル法というものがあります。この法は、平成17年に施行されたもので、廃車時にはリサイクル法に基づき、リサイクル料を支払わなければいけません。この法律が施行されたことで、廃車パーツ取りは違法になり、廃車は厳密に管理されたのち、行われるようになりました。以前までは、廃車のパーツ取りは可能でしたが、現在はリサイクル法ができたため、廃車パーツ取りはNGということなのです。しかしなかには、「解...

 
 

事故車や故障して乗れなくなった車は、廃車行きになります。最近は、廃車を買い取ってくれる廃車買取店もありますから、事故車や故障車でも利益になります。でもなぜ、事故車でボロボロの車なのに、買い取ってもらうことができるのでしょうか?その理由は、《部品》にあります。どんなにボロボロになってしまった車でも、使える部品があれば買い取ってもらえます。買い取った部品は、再利用したり輸出して使われます。もちろん、再...

 
 

廃車になると、すべて処分されてしまうイメージがありますよね。でも、実際はすべて処分されるわけではありません。必要な部品や、使える部品は再利用されます。そのため、廃車した車の部品だけを販売しているお店もあるんですよ。一般的に、廃車になった車の部品は、中古販売になります。もちろん販売される部品は綺麗なものばかり。その中には、事故車も含まれているケースがあります。事故車の度合いによって異なりますが、部品...